ビットコインキャッシュ(BCH)が真のビットコインである12の理由




こんにちはもりぞーです!

今回は海外で紹介されていたビットコインキャッシュ(BCH)に関する記事を和訳して紹介したいと思います!

ビットコインキャッシュが真のビットコインである12の理由(以下和訳文)

まずなぜビットコインキャッシュが誕生したか

Bitcoin Cashは、貪欲、欺瞞から生まれたものではなく、Bitcoinがピアツーピアの電子現金として継続することを望んでいたコミュニティの情熱から誕生しました。

理由1:ビットコインは手数料が少額である

Bitcoinは当初から、世界的な支払いに対して低料金のソリューションとして宣伝されていました。この点でそれが優れていなかったのであれば、最初から牽引力を得ることはなかったでしょう。サトシ・ナカモト(Bitcoinの創作者)は、「私たちは常に少なくともいくつかの自由な取引を許可するべきだ」と言っていました。

これはビットコインコアのサポーターによって忘れられてしまっています。ビットコインのウェブサイト(Bitcoin.org)は、低料金であるという項目を削除して最近更新されました

理由2:ビットコインは信頼できるネットワークでなければならない

ビットコインの取引容量(ブロック容量)は限られているため、待機している他の誰よりも高い料金を支払う場合を除き、決済が承認されることはありません。(手数料の高い順にマイナー達は承認をしていくため)

これによりネットワークは信頼できなくなり場合によっては使用できなくなります。合理的に高い手数料を支払ったとしても、ますます多くのユーザーが多くの料金で前に割り込みをしてくるので、取引が数時間または数日間停滞する可能性があります

以前は、取引が72時間以内にブロックに含まれていなかった場合、その取引はメモリプール(「mempool」)から削除され、資金はウォレットに送り返されていました。しかしその待機期間は2週間に延長され、資金は2週間詰まっている可能性があり、取引が成立するかどうかは分からないです。

これは信頼できる決済ネットワークとは反対です。

一方、ビットコインキャッシュ(BCH )はブロックに十分な容量を持っています。そのため送金の詰まりが起こることは無く、これは開発者の目指した信頼できるネットワークです。

理由3:ビットコインはP2P電子式決済システムである

ビットコインが世界に登場したときそれは非常に刺激的でした。なぜなら誰もが地球上の誰かにお金を送ることができたからです。

それは安価で、速く、安全に支払いを行うことが目的でした。

しかし現在ビットコインの取引手数料は急騰しているので、元々の決済手段としての通貨という価値から離れています。 ビットコインは代わりに “デジタルゴールド“であると主張しその主な使用例は “価値のあるストア”です。

一方ビットコインキャッシュはP2P電子決済システムとしての通貨の価値を継続しています。

理由4:ビットコインはオンチェーン(on-chain)である

サトシ・ナカモト氏は、電子メールで世界初のビットコインのホワイトペーパーを発表しました。彼の2番目の電子メールでは、ネットワーク設計に大きな変更や追加を加えることなく、ネットワークが容易に拡張できる方法を説明しました。

現在のBTCブロックサイズは1MBですが、ブロックサイズが1000倍大きいことが高スペックのパソコンで動作することが証明されています。

ある研究者は、テラバイトのブロックが技術的にも経済的にも実現可能であることを示唆しています。

残念なことにBTCの場合コア開発者はブロック容量の機会を決して与えず、これを許すことに対して極端な立場をとった。代わりに彼らは “中央集権化”の怪物と恐れをつけました。

最も明白な嘘の1つは、ほとんどのユーザーが独自の完全なノードを実行する必要があることです。理論的にも実践的にも、これは誤りです。彼らはより大きなブロックが検証ノードを実行することを困難にすると主張していますが、これはビットコインを安全にするものではなく、ビットコインを分散化するものではありません。

また、マイニングノードのみがビットコインネットワークを保護します。ほとんどのユーザーはElectrum(多機能型クライアント)のようなSPVウォレットを走らせることができうまくいくでしょう。

SPVとはsimplified payment verificationの略称で、ブロックチェーンの全てのデータをダウンロードすることなくトランザクションの検証を行う方式のことです。 スマホなどで使用されているbitcoin walletはこのSPV方式を採用したノードでマイニングも行わず動作が非常に軽いです。

したがって、コアチームはブロックチェーン自体でスケーリングを実行するのではなく、Lightning Network(ライトイングネットワーク)のようないわゆる「第2層ソリューション」を追加したいと考えています。

しかし、これはビットコインの設計にとっての極端な変更です。これらの層は複雑さの程度を増やすだけでなく、ビットコインのセキュリティモデルと経済を根本的に変えます。これは常にマイニングに基づいていました。

ビットコインキャッシュ(BCH)は元のデザインにも当てはまり、効率最適化と組み合わされたシンプルで堅牢な容量の増加を先導します。

理由5:ビットコインは少額決済を許可する必要がある

一度マイナーがブロックに入れるとトランザクションが確認されます。ブロックにまだ含まれていないトランザクションは未確認ですが、ブロックにすぐに含まれると予想されます。トランザクションが有効であることを承認する前にそれを受け入れる慣習は、「0-conf」として知られています。

歴史的にこれは中小規模の取引では比較的安全です。しかし混雑したネットワークと、あなたのトランザクションが確認されるまでの間の不確実性があると、0-confのセキュリティと信頼性は破壊されます。

悪いことに、Bitcoin Core(BTC)は、replace-by-fee(RBF)という機能を導入しました。より高い料金の問題を解決するために、ユーザーはより大きな手数料を使って取引を置き換えることができます。しかし、これは二重支出を非常に簡単にし、本質的に0-confトランザクションを殺します。

RBFはオプション設定ですが、加盟店は0-confを受け入れるためにRBFを特に禁止するようにソフトウェアをアップグレードしなければならず、依然としてバックログと混雑の問題があります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の実装ではRBFは使用されておらず、ネットワークは混雑でないため、0-confが再び可能になります。

理由6:ビットコインキャッシュが利用者(決済店舗)を獲得しており、ビットコインコアがそれらを失っている

ビットコインはリッチで迅速なスキームではありません。一部の人々は暗号通貨によく投資してきましたが、財団はより良い形のお金を創り出すことが目的です

それはビットコイン経済の成長に関するものであり、それは新たな支払いシステムを採用する店舗が増えていることを意味します。

高い手数料とユーザーエクスペリエンスが低いため、ビットコインコア(BTC)は後方に行き、店舗を失いました。DELL、Microsoft、Steamはビットコインを一度受け入れましたが、小売の支払いが単に経済的に意味をなさないため停止した有名な店舗の3つの例に過ぎません。

その間、ビットコインキャッシュはすぐに基礎を得て、毎日新しい店舗を追加しています。

理由7:ビットコインは銀行口座を持たない人でも安全に資産の保有、管理(銀行化)することを意味していた

ビットコインは人道的プロジェクトです。現代の銀行業務にアクセスできない何十億もの人々を助ける可能性があります。この可能性は、ビットコインの高額報酬が不可能になるまで、Andreas Antonopoulosのような伝道者に情熱的に支持されました。

第3世界諸国に住む人々はたいてい1日にわずか数ドルで生活しますが、10ドルの手数料を払う余裕はありません。しかし、ビットコインキャッシュは、再び「銀行化」を可能にします。

※執筆時(2/4)はBTC送信手数料は数円~数十円と少額になっていますが、BTCが高騰することでまた手数料が上がる可能性もあります。

理由8:ビットコインコアの開発が集中化されている

地方分権化はビットコインの主な教義の1つです。店舗、ユーザー、マイナーの重要な分権化だけではありません。開発も分権化されなければなりません、そしてネットワークがどのように動作すべきかを指示する少数の人々が存在してはいけません。

しかしこれはまさにビットコインで起こっていることです。 「コア」開発者と呼ばれる小規模なグループは参照コードリポジトリを制御しているために大きな影響力を持っています。

数百人の個人がプロジェクトに貢献していますが、コードの変更をマージする権限を持っている人はほんの一握りです。(約5人)

「誰でも貢献できる」という考えは、すべての変更が承認されたロードマップに合致しなければならない、あるいは採用されないという現実を受け入れる場合にのみ真実です。

最終的に各プロジェクトの意思決定者が必要であるため、これはやむを得ないことです。開発を分散化する方法は、単一のコードリポジトリに400人の貢献者を置くのではなく、いくつかの競合する実装を行うことです。

これはビットコインキャッシュのアプローチです。

理由9:ビットコインキャッシュでは値の結合と分割が可能

サトシ・ナカモト氏のオリジナルのホワイトペーパーは、長く利用されることを重要視していて、ビットコインの最も重要な技術面の素晴らしい側面です。

この論文でよく見落とされる部分は、第9章:値の結合と分割です。あなたがビットコインを使うとき、あなたは通常、未使用出力の一部を分けて、あなた自身に変更を送り返します。そしてビットコインが受信されると、複数の出力がある場合は結合されます。

それをあまり考えないかもしれないですがこれはいつも起こっています。しかし、ビットコインの料金が高いと、未使用の出力を非常に高価なものにすることになります。 10ドルの手数料は100ドルの手数料に変わることがあります。

したがってその機能が妨げられることになり、ユーザが取引を最小限に抑えることによってこの問題を回避すると、コインのプライバシーと代替性も損なわれます

しかし、用心深くなることはありません。使用中のビットコインアドレスの55%が、それらの資金をトランザクションに組み込むコストよりも少ない金額を含んでいるため消費可能ですらないことがわかります。

ビットコインキャッシュ(BCH)にはこれらの問題はなく、ユーザーは自由に分割してコインを組み合わせることができます。

理由10:ビットコインキャッシュは検閲に抵抗する

ビットコインコアのサポーターの大きな話題の1つは、ビットコインブロックチェーンがどのように「検閲に抵抗する」かによって高い手数料がかかることです。

あなたが大量の資本を移転し高い手数料を払う余裕があれば、それは価値があるかもしれません。しかし、世界の他の地域ではブロックチェーンを使用して価格設定されていることは、経済検閲の原型です。

第2層の解決策、すなわちライトニングネットワークはあまり役に立ちません。ネットワーク構造は、大規模かつ大規模に接続されたハブの周りに合体するため本質的に経済的検閲の影響を受けやすいです。

これらのハブは規模が大きくなるにつれて、送金業務として規制上の圧力がかかります。そしてそれが始まるのと同じ理由で効果的にルーティングすることはできません。

2つのシステムのうち、低料金の元のブロックチェーンベースのビットコインシステムだけが真に検閲に抵抗しています。そのシステムはビットコインキャッシュ(BCH)です。

理由11:ビットコインはデジタル署名のチェーンとして定義されています

これはこの記事の中で最も「技術的」な理由ですので、完全に理解できなくても心配しないでください。

ビットコインコア(BTC)は、Segregated WitnessまたはSegWitを採用しました。 SegWitはすべてのトランザクションの一部であったデジタル署名を取得し、それらをブロックチェーンの別々の(つまり分離された)部分に移動しました。

ビットコインのホワイトペーパーで、サトシ・ナカモト氏は次のように書いています。「電子コインをデジタル署名のチェーンと定義しており、SegWitはこれを変更します。
理論的にはSegWitは最終的に予想外のチェーン分割、マイナーによるカルテル攻撃、署名の異常の紛失、資金の喪失、または検閲された取引につながる可能性があります。これはビットコインで導入された最も複雑な変更であり、数十のファイルと数千行のコードを含んでいます。

SegWitが良いアイデアだと思っても元のビットコインのコードとデザインから大きな変化があることは明らかです。 ビットコインキャッシュ(BCH)はSegWitを拒否し、意図的にSegWitがアクティブになる前にフォークオフし、ブロックチェーンの完全性を保持します。

理由12:ビットコインキャッシュ(BCH)はスマートコントラクトを可能にする

お金はこの新技術の最初のアプリケーションでしかないと、ビットコインの初期の段階で多くのビットコインの専門家は言いました。しかしスマート契約の開発を可能にしたBitcoin Scriptオペレーションコード(オペコード)の多くは無効になっています。

それがヴィタリック・ブリテン氏がビットコインを残してイーサリアムを開発した理由です。彼は基本的にコア開発者から、彼のアイデアや計画はビットコインで歓迎されていないと言われました。そして今日、イーサリアムはスマートコントラクトプラットフォームとしての地位を確立しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は失われた機能の一部をビットコインに再導入し、あらゆる種類のエキサイティングなプロジェクトを可能にする予定です。

以上を踏まえて

反論があるのはわかります、私はビットコインキャッシュのためにかなり厚く書きました。

しかし、ビットコインコア(BTC)には主な議論が1つあります。それは、依然として多くのハッシュパワーと最も蓄積された仕事の証明を持っています。

これもこれが「真のBitcoin」であることの実質的な指標であることは否定できない。

しかし、ビットコインキャッシュに何十もの確かな理由があるのはどうですか?それでもまだ少数派チェーンですか?

変化の風は時間を要します。
多くの人々は、一部の業界のベテランでさえ、ビットコインキャッシュを本当に理解していません。彼らは数年前に存在していたビットコインが今や根本的に異なっていることを理解していません。

ビットコインは、ブランド名、ティッカーシンボル、最初のムーバーの優位性、そして巨大なネットワーク効果も保持していました。これらのことは克服するのに時間がかかります。

将来起こることは何でも、私は何らかの形のP2P電子現金が最終的にどのような名前で支配するか100%確信しています。

元記事:https://news.bitcoin.com/12-reasons-bitcoin-cash-real-bitcoin/ 

記事を読んだ感想

僕自身ビットコインキャッシュ(BCH)が元々のビットコインの役割(決済や送金)を果たしていると思っていますので、この記事は大変勉強になりました。(どっちが良いとかと話ではなく)

ただかなり喧嘩腰に見えたのでもっとBTCをリスペクトした記事だったらなぁと感じました。

ビットコインコア(BTC)は基軸通貨として、デジタルゴールドとして堂々と存在していくべきですし、ビットコインキャッシュ(BCH)は決済手段としてより便利になるようになっていくべきです。

個人的には上記のようにそもそも役割が違う通貨であると思っているので、議論すること自体が不毛だと思いますし、仮想通貨の発展のためにもお互いリスペクトして行くことが大切だと思います

記事の和訳については一部誤訳が入っている可能性があるのでご了承ください。

意訳している部分もかなり有り、部分的に省略しています。

bitflyerへの登録はこちらから
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ABOUTこの記事をかいた人

28歳、P業界のサラリーマン。業界の行く末に不安を感じ去年から仮想通貨の勉強を始める。 その結果去年の波に乗り遅れ今年から少額投資を始める。 趣味はサッカーゲーム(FIFA)、ギター、ニュースサイト巡り、居酒屋に行くこと